日本の弁護士を訪ねるのは日本に住む人だけれど…

弁護士は法律だけを知っていればいいわけでもないといいます。
というのも、日本の弁護士を訪ねてくる人が日本語を話せない、話しかねることもあるからだそうです。
そう、日本住まいの外国人がわざわざ母国の弁護士に相談に行くということはないでしょう。

だから、外国人の多い地域ではそれに対応できる弁護士もちらほらですがいるかもしれません。
また、わかるように説明しなければいけないという点で、日本語ではないほうがいいこともあるでしょう。
日本人が多い中でも、弁護士が国際的になっていかなければいけなくなっているんだと思います。

事務所を開く前に国外旅行や留学をしてくるのも、今後の弁護士には肥やしになるようです。
そして、使うのは日本の法律だとしても、視野が広げられるということもいいと思います。
そんな弁護士だから有利というのでもなく、道はできるだけ多いほうがいいということです。

国外まで見ていれば1本でも2本でも新しい道が作られるかもしれないのではないでしょうか。
とはいえ、都会でもまだちらほらのような弁護士なので、これから増えていくといいなと思います。
でも、売りにはしていなくても日本語だけという弁護士さんは少ないかもしれませんが。