歯医者の痛くない方法

痛くない歯医者とは何が違うのだろう?
治療する前の麻酔する時が痛いとよく聞く。
私も奥の歯が最近しみてくるので痛くない方法はどんなものがあるのか調べてみる。
歯医者も痛くないようにいろんな麻酔の方法がある。
極細の針を使用していたり
手動よりも電動麻酔を使用してコンピューター制御でゆっくり注入すると痛みが少ないとも言われている。
さらには麻酔液の温度だ。
冷たいと注入されたときに痛みを感じるので人肌が良いらしい。
さらに痛みに弱い人は麻酔する前にジェルやシールで表面を麻酔をしてから注射するという方法もある。
麻酔の前に麻酔をするなんてすごい話だ。
それだけ麻酔の痛みに悩む人が多いことがうかがえる。
ほかにも子どもやお年寄りなど歯の治療に強い恐怖心を持っている人は笑気麻酔という方法もある。
レーザー治療なら歯医者独特の嫌な音や振動がないので痛みを抑えることができる。
殺菌効果もあり治療後も経過もよいらしい。
キーンという音が苦手な人には音楽プレーヤーを聞きながら治療できるという歯医者もあった。
最近はどこの歯医者も無痛治療を取り入れているから安心だ。